« あまかすさん | メイン | 喉が痛い »

チップ文化

今、チップの文化があるのはヨーロッパの一部と、なんといってもアメリカ、ですかね。
チップの習慣がない国で育つと、あんな面倒なことないですね。
まず計算方法がよく分からない。
適当なんでしょうけど、少ないとマナー違反になるし。
そうかと思えば、アメリカ発祥のアメリカのスタバでは
レジの横に箱があってそこに自由にチップを入れるようになっている。
いくらでもいいのだ。
おつりがあればおつりを入れるんでしょうけど、今はカード払い時代なので、
こういうときの為に少しお金は持っていなくてはいけない。
もちろん入れなくてもいいけど、入れたくなるなー。
だってそれがマナーだし。

以前アメリカに行って友人と食事した時は、その人、
えっとー・・・とか言いながら計算して妥当なチップを上乗せした金額を支払っていました。
(私のも一緒に)
あれを見てると、面倒なもんだなって思うのです。
そこで育っていたらいいのでしょうけどね。

チップがある国で育つと、今度は他国に行ってどうなるか、
やっぱり払おうとしちゃうらしい。
でも「あ、いらないのか」ってなる。
なんだか拍子抜け。
チップはその人の収入にもなるアメリカと他国との違いですな。

私はチップが面倒で苦手って思ってるけど、皆さんはどうですか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chateau-nairac.com/mt3/mt-tb.cgi/72

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2019年03月01日 17:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「あまかすさん」です。

次の投稿は「喉が痛い」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38