2017年06月01日

インドの伝承医学

インドに伝わる伝承医学、アーユルヴェーダ。
これにとても興味があります。
マッサージのシロダーラが有名ですねー。


ドーシャと呼ばれるものも有名です。
ドーシャ(DOSHA)とは「体質」、あるいは「生命エネルギー」のこと。

私たちのカラダの中には「風」「火」「土」に象徴される3つのドーシャ
「ヴァータ(VATA)」 「ピッタ(PITTA)」「カパ(KAPPHA)」
が働いていると考えられています。

3つのドーシャはバランス良く平均して持っているのが理想ですが、
本来自分が持っている体質をはじめ、生活環境や年齢などに影響され、
日々偏り変化していきます。

自分のドーシャの状態に気づかないまま、どれかのドーシャが過剰になりすぎてしまうと、
体調を崩してしまいます。

過剰になりすぎたドーシャを鎮め、崩れたバランスを取り戻そうというのがアーユルヴェーダの考え方です。

まずはこのドーシャを知るところから始まるみたいですけど、
今はインターネットでも出来るんですねー。
昔は当たり前ですけど、紙のアンケート、脈拍などをみて決めていったものです、、、しみじみ、、。

2017年05月01日

サングラス大事

海外セレブはよくサングラスをするけど、どうやら変装の意味だけではなくて、あのサングラスには日よけの意味も大きいらしい。
日に焼けては肌によくない、というのはわかってきているみたい。
欧米人はやたら焼きますからね、日本人ほど分かってないんですよー。


セレブのなかでも「休みの日はすっぴんですごす」というセレブは多く、パリス・ヒルトンもそうなんですって。
彼女も、すっぴんにサングラスで出かけてるそうですよ。
マスクしたりもするそうで。
あのオーラですからね、隠しとおせるかは別の話ですが、そうやって肌を守っているそうです。

取材の前などは、1日に5回もマスクを貼り替え徹底的に肌の調子を整え保湿するのだそうで。
肌のきめが整うとメイクも整い、
スッピンでも美しいパリスの顔立ちはメイクでさらに際立つというのです。

彼女って、、、モデルさんだっけ??笑
よくわかってないのですが、人に見られるのだけは確かですね。

サングラスは変装だけではない、というセレブ事情でしたー。

2017年04月01日

海外に送金

海外にお金を送金するってこと、あまり一般的にはないのかもしれませんが、ちょっと必要性があってしなくてはいけなくなりました。
大きな金額ではないのですが、ちゃんと届くのか心配です。

楽天銀行のようなのが楽みたいですね。
ご家族が、海外でロングステイ、ホームステイ、駐在などされている場合や、
現地で生活されている場合の滞在費・生活費の送金に利用できる、
っていううたい文句(!)です。

ほかにに、他の銀行からも出来るし、ネットもさまざまなサービスでもって
「送金できまっせ」をやっていました。

お金って現金でたくさん持ち歩くのは危険だし、
送金もそれなりにドキドキするのですね。
肝に銘じておこう。

慣れない事はしたくないものですな。

2017年03月01日

資産運用

資産があるとして(!)、それを増やそうと思う人がいます。
銀行に入れておくだけではねー。。。

もし、自分が100万円を持っていたら、それをどう使いたいですか?
思い切って「宝くじを100万円分」買うなんて、恐ろしいことはなかなか出来ないですよね!
それは、私にも出来ないワザです。

わが国では、20年前に「100万円」の定期預金をしていたら、10年満期で年利「6%」の利子がつきました。ということは、10年で「60万円」の利子がプラスされた計算です。

それと比べ、2016年の定期預金(ゆうちょ銀行)の利子を見てみますと、
10年満期で「0.025%」。
100万円を預けて「10年後」にプラスされる利子は、
たったの「2,500円」という計算です。

そう考えると、銀行に入れておくのがバカみたいな話だと言う意味が分かるかな。
昔は、銀行に入れておけば、「自動的に」お金が増えていったのです。
私が子どもの頃は、バブルがはじけた後とは言え、今より景気は悪くなかったんですね~。

でも、過去の栄光にぶら下がっていてはどうしようもないのだ。
なんとかして100円でもいいから増やしたい。でしょ?

でも・・・どうやって??

誰か教えてーー。
少しでも増やしたいですーー。

2017年02月06日

転職は辛抱も大事です

私は子供の時には華やかな仕事がしたかったのに、今やっているのは事務員です。
第二新卒で受付を目指したこともあります。
もう少し、華やかな仕事に転職したくなってきます。
見かけはどんな仕事でも華やかなものですが、自分がやってみたら、華やかな仕事は少ないです。
見た目だけでは、判断できません。
転職も表面的には華やかでいいな!
と思うのですが、やってみたらそんなにはうまくいかないな。
どんなことでも、自分がやるとなったら楽にはいかない。
友人は販売業をしていますが、転職したのです。
面接の時には、
「いい仕事!」
と思ったのに、自分がやったらすごく大変と文句を言っていました。
やはり、華やかな仕事でも、うまくいかない方が多いのかもしれません。
地道に働くことは今はあまり重要視されていませんが、地道に働いていくことも大事なんでしょう。
私ももう少し地に足をつけて、働いていきたいです。
転職も何回もやっていたら、くせのようになってきます。
少しの回数の転職では満足できないのです。
私の人生には辛抱が足らないので、今の職場で少しがんばって、働き続けていこうかなとか思います。
あなたも転職はいいものですが、思うようにはスムースにいかないかもしれないから、今の職場でやっていく選択肢を考えてみましょう。

2017年02月01日

確執?

知らなかったのですが、小柳るみ子さんとピーターって、
確執があったの??

小柳とピーターは、小柳の前夫でダンサーの大澄賢也(50)をめぐり三角関係にあったとされていたんですって!???
知らなかった・・・。

番組では確執の原因は主に2つとし、
1つ目が小柳が大澄と結婚する前の1988年にピーターが自身の舞台に大澄にオファーしたところ、
大澄が小柳のショーへの出演を理由に断ったこと。

2つ目が2000年に小柳と大澄が離婚するときにピーターが取材や舞台で小柳を揶揄し、
さらに自身のショーで大澄と共演し離婚をネタにしたことだったとか。

そんなことあったんだ、、、という感じ。

なんでも番組で会って、この誤解は一応は解けたみたいなこと読みました。

まーま、喧嘩してないで仲良くやりましょうよー。
確執とか・・・嫌なもんですねー。

自分にも誰かとあるかな??
忘れてますーー。


2017年01月02日

子役って・・・

子役は大成しない、とはよく言われますが、本当にそうみたい?

元人気子役の内山信二という人がいますね?

5歳から芸能事務所には所属していたけど、特に仕事がないままで初めてオーディションを受けたのが6歳のときだそうです。

それがあの明石家さんまの『あっぱれさんま大先生』だった。

すると、番組MCの次長課長・河本準一が「オーディションってどういう感じなの?」と質問すると、
「会場に入ったら、5人大人がいて、真ん中のお兄さんがやたらとうるさいんですよ。
後から気付いたら、それがさんまさんだった」

と、さんま自らがオーディションに参加していたことを話したことがありました。
笑っちゃうーーー(笑)。
さんまさんって本当によくしゃべるらしいから。

この内山君、一時は月給が3000万だったこともあるらしいのに(!!)、
なんと18歳で預金はゼロなんですって。

使っちゃうんでしょうか、、、本人が?親?

とにかく、そんな感じらしいです。
今は活躍してる、といっていいのかな?

大成はしてないかも???

2016年11月26日

紅白出場歌手って

今年の紅白歌合戦の出場歌手が発表されてから、喜んでいる人
ショックを受けている人…色々ですよね。
みんなはどうですか?
私は何だか今年は思いっきりつまらない番組になりそうだなって気がしてます。
落選した人たちに期待していたわけではなく、何だかどうでもいい歌番組になってしまった感じがするんだよね。
出場する人たちの中で、どうしてまたこの人が出るの?って思える人が
何人もいます。
逆にこの人はどうして名前すら挙がらないの?って人も。
まぁこういうのって人によって好き嫌いがあるからいろんな意見があるんだろうけどね。
逆に近年、裏番組の方が面白かったりするから今年の裏番組はどんなものがあるのか、
そっちの方に期待してしまいます。

2015年12月08日

本が読みたいっ

最近ちょっと本を読むことに夢中になっている私。
以前は一日の内かなりの時間を読書に費やしていたんだけど
看護師の仕事を始めてからもうずいぶん長く本を読んでいなかったんだよね。
読もうとしてもなかなか疲れていて集中できなくて進まなかった。
だけど久しぶりになんだか本を読みたいって思ってしまって、一度読み出したら止まらなくなっちゃった。
次の日早く仕事に行かなきゃいけないって思ってもつい遅い時間まで読書に時間を割いてしまう。
だけどそろそろちょっと休憩しなきゃいけないかな。
年末が近くなってきたから仕事が忙しくなってきてるんだよね。
しっかり睡眠とっておかなきゃ体調崩しちゃいそう。
年末年始が終わって少し仕事が落ち着いたらまた続きを読もうっ。

2015年10月21日

最高の「相棒」!

今クールの新ドラマで始まった「相棒」。
反町隆史さんが出演しているけど、若い頃の彼とは違って落ち着いた
とてもいい雰囲気のドラマになってますね。
右京さんとのコンビがなんだかすごく息が合ってるっていうか見ていて気持ちがいいです。
俳優として長年活躍していくうちに得たものなんだろうねぇ。
私も看護師になってすぐのころはとにかく必死だったけど必死になるのを止めて、自分のペースで進むことを考えるようになってから自分自身で少しは成長したかな?って思えるようになったんだよね。
人の上に立ちたい!そんな思いばかりが先走ってしまったらダメなんだなぁって改めて感じちゃった。
何でもまずは普通っていうのが一番なのかもしれないね。